【重要】当ページにアクセスいただきありがとうございます。現在「いっぽ」はご予約・ご相談を受け付けておりません。ご了承ください。

起立性調節障害と言われたらどこ(誰)に相談しますか?

お子さんが朝起きられない

学校に行きたがらない

特に午前中にボーっとしてやる気が感じられない

ただただ怠けているのでは・・・?

と思ってしま事もあるかもしれません。

そんなとき学校に相談する(もしくは学校から相談される)→SC(スクールカウンセラー)を紹介される→心療内科の受診をすすめられる→薬を処方される

これってありがちなことかもしれません。

(別にこの道筋を否定しているのではありません。私自身、教員生活の中で体験してきたことですから・・・

ただ、薬に頼る前に違う方法を探してほしいなぁと思います。

今の症状には必ず原因があります。

その原因を一緒に探していけたらと思います。

当院では起立性調節障害を始め、自律神経の乱れからくる症状は整体で改善できると信じています。私が行っている自律神経整体での改善例は非常に多いです。

なぜ、整体で改善されるのか・・・

端的に言えば、自律神経の乱れの原因は筋肉の過緊張にあると当院では考えているからです。

筋肉が過緊張をおこすことで、筋肉は本来持っているはずの自在な動きができなくなります。

筋肉は第二の心臓・・・

筋肉は第二の心臓といわれます。血液は心臓の拍動によって全身をめぐっていますが、筋肉の収縮によってもめぐっているのです。

つまり、筋肉が本来の柔軟性を失い、本来の仕事ができなくなることで、老廃物があちこちにたまったままとなり、体にさまざまな不調を招くことになります。

整体で筋肉の過緊張を取り除く!

当院では自律神経整体という、そっと体に触れ、優しく揺らし、少しひっぱるというまったく痛みのない施術で筋肉の過緊張を取り除いていきます。

肩こりや、腰痛、その他の慢性疲労で強く指圧されることを好む方もいるかもしれませんが、それはあくまでも一時しのぎでしかありません。

優しい刺激ほど、脳は安心して刺激を受け取り、体を本来の状態に戻そうと指令を出します。

逆に強い刺激ほど、余計に脳は危険を感じ、緊張を招くことになります。

下図にあるように悪循環におちいります。

起立性調節障害は『いっぽ』に相談

起立性調節障害といわれたら、ぜひ、一度当院『いっぽ』にご相談ください。

公立中学校24年間の教員経験も活かし、適切なアドバイスをさせていただきます。

①整体で身体を改善

前述のように優しい整体で全身の筋肉を弛め、本来ある状態にしていきます。

②+カウンセリングで本当に原因を探り、根本解決!

①だけでは、不完全です。当院では、整体施術だけでなく、カウンセリングにも重きを置いています。心と身体の両面からサポートし、根本解決をめざしていきます。

ご相談は下記よりどうぞ

ご縁をお待ちしております。