【重要】当ページにアクセスいただきありがとうございます。現在「いっぽ」はご予約・ご相談を受け付けておりません。ご了承ください。

お子さんの不登校 無理やり登校させる前に・・・

お子さんの不登校

共働きの家庭が当たり前になってきているところもありますが、

お子さんが朝に登校をしぶる ときつい時がありますよね。

仕事を休むことはできない

お願いだから学校いって

そんな気持ちになったこともあるのではないでしょうか。

だから登校を嫌がるわが子を無理やりでもつれていく

          ↓

学校の先生に引き渡す→後ろ髪ひかれる思いも持ちながら仕事場へ

学校では子どもが泣き叫ぶ(まれに)

保健室や別室に引きこもる 

学校に行き渋るのはただの怠けではなく

何か特別な原因があるのかもしれません。

不登校が悪いとは思いません。行かなくても工夫次第で勉強はできるだろうし

社会の出来事はわかると思います。

でも学校でしか得られないものもあります。

生身の人間(同世代の)とのふれあい

成功体験も失敗体験も・・・

結局最後はどこかで帳尻をあわせなければいけなくなるのでしょうが

個人的にはできるだけ遠まわりさせたくない

と思っています。(賛否両論あるでしょうね)

当院はお子さんが、登校できるようにともに考えてまいります。

出来ない間は学習指導も担当させていただきたいと思います。

(中学校教員免許「社会」「英語」保持)

一度ご相談ください。