【重要】当ページにアクセスいただきありがとうございます。現在「いっぽ」はご予約・ご相談を受け付けておりません。ご了承ください。

自律神経って?

私たちの生命活動をずっと、休まず支え続けているもの・・・それが自律神経ですね。世の中、自律神経に関わる本がたくさん出ているので、ご存知でしょうが・・・

自律神経は、内臓器官のすべてを支えています。例えば、私たちが意識しなくても心臓はしっかりと自律的に動いていますが、それは自律神経の働きのおかげです。また呼吸も自律神経がコントロールしていることを思えば、まさに私たちの生命活動の根幹をささえているとみることができるでしょう。

「交感神経」と「副交感神経」

自律神経は「交感神経」と「副交感神経」で構成されています。車で例えるならば、「交感神経」はアクセル。「副交感神経」はブレーキになります。

「交感神経」の働きが優位になると、血管が収縮して、血圧が上昇し、気分までアグレッシブな状態になります。

逆に「副交感神経」が優位になると血管が適度に緩んで、血圧が低下し、身体は穏やかなリラックスの状態になります。

その理想的なバランスは1対1.それぞれの神経が高いレベルで活動しながら、バランスがとれている時の人間の体はもっとも良い状態になります。

このバランスが乱れた時こそ、身体にさまざまな支障をきたすことになるわけです。

何か悪いことが続くなぁという時は、自律神経が乱れている時です。

「最近調子が悪い」「やる気が出ない」「仕事がうまくいかない」そんなときは身体からの警告が発せられている時です。

それを気合でのりきろう!とか、逆に何もしないで休もう!というのはかえって逆効果になってしまいます。それぞれの神経がさらに優位になって、ますますバランスをくずしてしまうからです。

自律神経の整え方

一緒に学んでいきましょう。心身ともに最高(最幸)の自分を目指して!