【重要】当ページにアクセスいただきありがとうございます。現在「いっぽ」はご予約・ご相談を受け付けておりません。ご了承ください。

薬は病氣を治さない

最近は薬を飲まない薬剤師さんも多くなってきていますよね。

まぁ薬剤師さんだから薬が大好きなんてことはないでしょうが・・・

薬の専門家さんだからこそ、薬ができること、出来ないことをよくご存じだからこその行動なんでしょうね。

薬が病氣を治すのではなりませんよね。薬はあくまでも手助けをするだけで、病氣を治すのは人間に本来備わっている、自然治癒力です。

痛み止め・・・・?

痛み止めと言えば、頭痛にも腹痛にも、腰痛にも、生理痛にも用いられますよね。また、解熱鎮痛剤として、風邪の時にも処方されています。痛みを抑えるというのは、炎症を抑えることなので、解熱鎮痛剤を飲みすぎたら、体温が下がって、免疫力も低下してしまいますね。また解熱鎮痛剤には胃腸障害の副作用もあるようです。

医者に診てもらって安心?

医者に診てもらい、何かしら病名がつけば、それで安心するって方も多いかと思います。「風邪」と診断されれば、安心する方もいらっしゃると思います。でも「風邪」といっても、全員が同じウィルスを持っているわけではありませんよね。

薬ができることは・・・

病院で何かしら、診断をうけ、薬をもらい安心する。

でも、薬は治すのではなく、せめて維持するのが精一杯です。特に慢性病の場合は、ほとんどの薬は症状を抑える効果があるだけで、改善はしないそうです。でも飲んでいれば、何とか現状は保てるので、薬に頼り、一生薬を辞めることができなくなってしまいます。

つまり・・・

西洋医学と薬のよる治療には限界があるということです。

あくまでも対症療法で、根本的には何も変わりません。

くり返しになりますが、人間には、本来備わった自然治癒力があります。

それを信じれば、ほとんどの病氣は治っていきます。

我々は自然に生かされてるのですから、大いなる自然の力を信じることです。

病氣→氣の病   病は氣からですから・・・