【重要】当ページにアクセスいただきありがとうございます。現在「いっぽ」はご予約・ご相談を受け付けておりません。ご了承ください。

自律神経の乱れると・・・

自律神経が乱れるとどうなる?

自律神経が乱れると、私たちの体にはさまざまな不調が出てきてしまいます。具体的にどのような症状、疾患が現れるか以下に示してみます。

自律神経の乱れによる諸症状

自律神経が乱れることによる体調の悪化は、身体機能の調節や制御が利きづらくなることで引き起こされます。その症状が悪化すると自律神経失調症となり、症状が繰り返し出現したり改善したりする状態に。症状は人によって異なり、個人差があります。

代表的な症状としては、次のようなものが挙げられます。いくつかの症状が同時に現れたり、ある症状が治っても別の症状が出たりするケースもあります。

●疲労感体が疲れやすい、朝起きることができない●頭痛頭がずきずきする、頭が重い、頭がふらつく●体温の異常慢性的な微熱、低体温など●睡眠異常不眠、日中の眠気●耳・喉・口の症状耳鳴り、耳が詰まった感じがする、喉の異物感、口が渇く、口内が痛いなど ●胸部の異常動悸、息切れ、胸の痛み、胸やけ、圧迫感、うまく息を吸い込めないなど●吐き気・胃腸の異常吐き気、腹部膨満、便秘、下痢、腹にガスが溜まる●排尿の症状頻尿、残尿感、排尿しにくい感じがある ●手足の異常手足のしびれ、脱力感、手足の冷え、ほてり●筋肉の凝り・関節の痛み首や肩の凝り、関節の痛みなど ●皮膚の異常皮膚や粘膜のかゆみ

自律神経の乱れによって引き起こされやすい疾患

自律神経の乱れは、自律神経失調症以外の疾患を引き起こすこともあります。ここでは、代表的な3つの疾患についてご紹介します。

●神経性胃炎

ストレスや過労が原因となる胃炎が、神経性胃炎です。ストレスや不規則な生活習慣によって自律神経が乱れると、胃酸が過剰に分泌されてしまい、喉の詰まった感じや胸やけ、胃痛、胃もたれといった神経性胃炎の症状が出てしまいます。

●メニエール病

メニエール病もまた、ストレスなどが原因となって引き起こされる疾患です。内耳のリンパ液に異常が生じることで、激しいめまいや、片耳だけの耳鳴り、難聴の3つの症状が同時に引き起こされます。強い吐き気や嘔吐に悩まされる方が多く、放置すると耳鳴りと難聴が進行してしまうため、気を付けたい疾患です。

●過敏性腸症候群

腸のぜん動運動の異常によって腹痛を起こし、慢性的な下痢や便秘などの症状が出る疾患が過敏性腸症候群です。下痢と便秘が交互に起こるケースもあります。また、何週間も下痢が続いた後、一時的に治まったかと思えばまた再発した…という症状を繰り返してしまうことも。検査をしても異常が見つかりにくいという特徴もあります。

自律神経の乱れによる不調が現れやすいタイミング

自律神経が乱れている場合、体の不調が出やすいタイミングがありますので、症状が出る前に意識しておきたいところですね。ここでは、不調が現れがちな2つのタイミングを紹介します。

ストレスが限界に達したとき

現代女性の場合、自律神経が乱れる原因として、職場における人間関係や家庭内での悩み、将来についての不安などの精神的なストレスのほか、過労による身体的なストレスが挙げられます。ストレスを受けていても、最初のうちやエネルギーがあるうちは症状が現れにくいのですが、やがてエネルギー不足に陥り、ストレスが限界に達してしまうと、体がSOSのサインとして症状を引き起こすといわれています。

月経前

月経の1週間ほど前にあたる「黄体期」になると、女性はイライラやうつうつとした状態になるPMS(月経前症候群)の症状が現れやすくなります。女性ホルモンに指令を送る脳下垂体は、自律神経をコントロールする視床下部のすぐ下にあるため、自律神経がホルモンの変化によって影響を受け、自律神経症状を引き起こしやすくなってしまうといわれているのです。月経前は特に、ストレスを溜め込まないように気を付けたいですね。