【重要】当ページにアクセスいただきありがとうございます。現在「いっぽ」はご予約・ご相談を受け付けておりません。ご了承ください。

学校との付き合い方

学校(先生)に対して、本当は聞きたいけれど、こんなこと聞いてもいいのかなぁ。モンスターペアレントと思われてもこまるしなぁって思ったことってありませんか。

親はやっぱり自分の子どものことが一番ですよね。自分の子どもがかわいい!

いくら親バカといわれても・・・。

それは当たり前の話です。

親が子どもの一番の応援者でないと、子どもはやってられません。

昔は学校の先生に怒られて、家に帰ってそれを報告すると、「それはお前が悪いからだろー」って一蹴されて。

子どもが学校の先生に殴られて帰ってきても、「お前が悪い」「先生、子どもを殴ってくれてありがとうございました」って。そういう家庭が多かったですよね。

表向きは体罰禁止!ってなっていても数十年前まではちらほらあったかなぁって思います。(でも今はそうはいきませんね)

最近は親の体罰に関しても問題になってきていますもんね。

確かに、虐待で最悪なことになっているケースもあるので、間違っても肯定しているわけではありません。

でも、心の隅には、なぐる、たたくってことも時によってはあるかなぁって思います。(自分の子どもたちには一切したことないですけど)

もちろん自分の感情で殴るのはだめだと思います。でも、何が何でも、ダメなこと(殺人、泥棒、自分のことを大切にしない行為・・・)の時には親は何をしててでも子どもにわからさなければならない時もあるのかぁと・・・。

そこには本当の愛、心からの愛があってこそです。自分の気分が悪かったから八つ当たりとか、感情に左右されての暴力はもちろん否定します。

ってちょっとここでの本題からそれてしまいましたね。

子どもを学校に通わせていて、その学校の指導になんか、違和感を感じたことはありませんか。そんな気持ちをお聞かせとりあえず、私に聞かせていただけませんか。

学校との付き合い方、一緒に考えませんか。

ただし、最初に言っておきますが、私は、ただただ学校を一緒に否定しようとは思っていません。今まで24年間、中学教員として勤務してきて、それぞれの先生方は本当に一生懸命に子どもたちと向き合っています。学校の教員だけが多忙だとはいいません。でも、一生懸命な先生ほど、夜中まで学校に残り、お仕事をしています。(長時間やればいいってわけではないですけどね)

とにかく、私が見てきた学校の先生方はどの先生も一生懸命でした。何とかしようと必死に、真剣に考えていました。

でも人間ですから、機械ではないですから、時には間違った?ちょっとずれてしまうこともあります。子どもとの関係がこじれてしまうこともあります。

それに対して、保護者として不満、不快に思ったときに、ただただ学校を責めるのではなく、一緒に子どもたちを育てているんだ、という気持ちをもってほしいのです。

そうなっていけば、きっと学校も、子どもたちも、みんないい方向にいくのではないかと思います。

だから、何か、お悩みのことがあれば、とりあえず、そのお気持ちを聞かせてください。

学校としての立場、保護者としての立場、両方を知るものとして、何かアドバイスができればと思っています。

子どもたちの明るい未来のために、これからの時代を担う子どもたちのために、私たち大人が協力をしていかなければならないと思うのです。

ここのところって学校はどうなの? この気持ちを学校にどう伝えたらいいの?

学校との付き合い方でお悩みのことがありましたら、下記にてお知らせください。

誠心誠意、一緒に、考えていきたいと思っています。