【重要】当ページにアクセスいただきありがとうございます。現在「いっぽ」はご予約・ご相談を受け付けておりません。ご了承ください。

今が学習の最初の分かれ道

これからの学習のためには今が大事だと思っています。中学校の現場に24年間いてそう感じています。

『いっぽ』では学習指導も致します。詳しくはこちら・・・

新年度がスタートして2か月が過ぎようとしています。新しい学年で、4月は緊張感もありますし、「今年こそは!」ってやる気をもって授業にも臨んでいるので、比較的うまくいっていたお子さんも多くいたのではないかと思います。

それが、ゴールデンウィークを終え、早いところでは修学旅行や、その他の宿泊行事が終わっていたり、体育祭(運動会)も終了したところも多いかと思います。そして、いよいよ落ち着いて、本格的な学習が波に乗ってきているところだと思います。そんな中、どんどん授業が進み、理解度に差が出始める時期です。

特に中学1年生は要注意!?

小学生と中学生の一番の違いって「英語」と「部活動」があるかと思います。(「英語」に関しては2011年から小学5,6年で「外国語活動」というものが行われています。2020年からは「国語」や「算数」と同様の「教科」として評価も行われることになっています。)

さて、その「英語」。私も英語科の教員として指導していたこともありますから、その経験からですが、「英語」では中学1年のこの時期あたりから、複数形の「s」と三単現(三人称、単数、現在形の略)の「s」を学習することになってきます。(そうなっているはずです)その辺が、今後を理解度を考えた時に、最初の分かれ道になっているなぁと思っていました。

英語教師としてはその辺の危機も伝えながら、時間をかけて指導を試みるのですが、6月、7月と過ぎ、夏休みを経て、2学期には英語を苦手な教科としてしまう子が増えてきます。

これをお読みの方の中にも、複数形の「s」、三単現の「s」と来て、現在進行形、過去形・・・と「s」がついたり、つかなかったり・・・と苦労されてきた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

学習を好きに、自ら学ぼうとする子に・・・

わからないものはつまらないですよね。授業を聞いていても何のことを言っているのかわからなければ、ますますやる気を失っていってしまいます。

好きなもの、楽しいものに関しては子どもはもちろん、大人もすぐに頭に入ってきますよね。ゲームキャラクターなんて、よくそこまで覚えるなぁって思うこともありますよね。社会の歴史だって、三国志とか、戦国武将にものすごく詳しかったり・・・。

普段の学習だって楽しければ、わかれば、自ら学ぼうとする子も多いはずです。

学ぶ目的が理解できずに、学ぶこと自体が嫌になっていってしまいます。

今が最初の分かれ道!

個人によって学ぶスピード、理解度にはさがあると思います。一斉指導では、全体の流れについていけない子も出てきてしまいます。(それぞれの学校では、補修授業なんかも行われてはいますが・・・)

最初に触れた通り、今が最初の分かれ道になってしまうと思っています。ここをうまく乗り切れれば、今後の状況が大きく終わってくると思います。

個別指導でしっかり対応!

やはり、みんながみんな同じスピードで理解をしていくのは不可能だろうなぁと思います。学校の先生方も真摯に学習指導に向かっていますが、それでも、限界はあります。

だからこそ、その子その子にあった学習法を見つけ、個別に指導していくことが必要になってくると思います。

勉強がわからなくて、不登校になってしまうということがなくなってほしいと思います。

『いっぽ』は整体院ですが、これからを支える子どもたちの可能性を広げるお手伝いもしていきたいと思っています。

24年間の公立中学校教員の経験を活かし、整体はもちろんですが、学習指導もしていきたいと思っています。

『いっぽ』の学習指導にご興味ありましたらこちらをご確認ください。

お子さんの学校生活で、お困りのことがございましたら、ぜひご相談ください。

ご相談は下記よりお願いします。