【重要】当ページにアクセスいただきありがとうございます。現在「いっぽ」はご予約・ご相談を受け付けておりません。ご了承ください。

起立性調節障害でも学校にいけるようになる!

起立性調節障害って診断され、お子さんが不登校。それにお悩みの保護者の方も多いかと思います。起立性調節障害は整体で改善されます。一度ご相談ください。24年間の中学校教員の経験を活かしともにお子様のことを考えていきます。

1.起立性調節障害と診断されて・・・

お子さんがある日突然、学校への登校を渋りだしたら、保護者の立場としても心配ですよね。焦りますよね。お仕事をされていたらとくに困りますよね。

学校に登校したがらない理由って、いじめの問題、友だちとの人間関係、先生との人間関係、勉強についていけなくて・・・等、いろいろあると思います。

お子さんが不登校になってしまい、お子さんもなかなか本当の理由を話してくれない、ということもあるかと思います。

保護者としてはただただ、不安、イライラがつのってしまう。

そして、だめだとわかっていてもついついお子さんに当たってしまった経験もおありなのではないでしょうか。

2.起立性調節障害が整体で?

起立性調節障害が整体で改善されるの?って思いますよね。

起立性調節障害は自律神経失調症の症状の一つです。

自律神経失調症は、交感神経と副交感神経のバランスが乱れることで起こります。

なぜ、バランスが乱れるのか・・・

何らかのストレスが大きな要因になるケースが多いでしょうが、ストレスをため込むと、心が緊張していきます。心が緊張すれば、身体は緊張していきます。つまり、身体を動かす筋肉が緊張していきます。心と身体には密接な関係があります。

筋肉が緊張して硬くなると、全身を巡る体液(血液、脳脊髄液、リンパ液)の循環が悪くなってしまいます。

それは、例えば血液の循環は心臓の拍動だけで行われているのではなく、筋肉が自在に収縮することで、良好な循環が保たれています。

2枚の画像でご理解いただけるところもあると思います。

このような本もあります。

このような状態を当院の自律神経整体で筋肉の過緊張を弛めていきます。

当院の自律神経整体は、完全無痛の優しい整体です。女性でも安心してお受けいただけます。

3.起立性調節障害でも学校に行けるようになる!

起立性調節障害は早め、早めの対処が有効です。おこさんの様子の変化にお気づきならば、ぜひ一度ご相談ください。

何が何でも登校してほしいとは思いませんが、学校の中で、今しか経験できないこともたくさんありますよね。

一度不登校になってしまうと、クリアしなければならないものが多くあるかもしれませんが、24年間の教員生活の経験を最大限にいかし、最後まで、おこさんに寄り添っていきたいと思います。

そして、自立してもらえるように・・・

当院へのご予約はこちらから・・・

ご相談はお気軽に下記からお願いします。(メールでのご相談は無料です)