【重要】当ページにアクセスいただきありがとうございます。現在「いっぽ」はご予約・ご相談を受け付けておりません。ご了承ください。

脳からの指令なしに独自の命令を出せる唯一の臓器「腸」!

うつ病になった人の脳内セロトニン含有量は少ないとされています。セロトニンは卵や魚、乳製品などに含まれているトリプトファンという必須アミノ酸を原料に腸内でビタミン類の力を借りて合成しています。だからといってうつ病になった人に豆や魚、乳製品を食べてもらうとうつ病が治るかというとそうではありません。腸内細菌がバランスよく存在しないと、合成する時のビタミンが不足しセロトニンが作れないのです。

腸内環境の悪化がうつ病や不安神経症を促している可能性があります。脳の健康は腸の健康であると同時に、腸の健康は脳の健康であると考えられるようになったのです。幸せ物質であるセロトニンが90%腸に存在しています。腸内に危険な物質が入ってくると、腸内のセロトニンが働いて脳に危険な物質を胃から吐き出せと命令を出させると同時に、脳を介せず下痢という手段で体内から危険な物質を排泄しようとします。

このように脳から指令がなくても、独自のネットワークによって命令を発信する機能を持っているのは臓器の中でも腸だけです。腸のセロトニンの働きが心の健康にも重要な影響を与えているということです。

腸は身体にストレスを受けると、不安を打ち消すためにセロトニンを分泌します。そのときセロトニンが急激に増えると不規則な収縮を繰り返し、動きが活発になります。ストレスを感じた時に男性は下痢になり、女性は便秘になったりしますが、これは一種の防御反応の結果です。セロトニンが腸を守ろうとしている証拠です。さらに強いストレスを受け続けると、腸のわずかな動きでさえ、痛みとして感じることがあります。それはセロトニンが脳に危険を知らせる信号を出すようになるためです。

腸内環境を保つには、ストレスのなるべく少ない生活を心掛け、セロトニン量を一定に保つことが大切です。しかし、現代社会ではストレスに満ちており、私たちはなかなかストレスから逃れることはできません。そこで腸を回復させる食べ物をとることが重要です。

私たちが作ってきた文明社会で困ったことの一つが「活性酸素」を多量に生む社会にしてしまったことです。私たちは便利で快適な生活を目指してきたわけですが、それが「活性酸素」を多量に生む社会にしてしまったことです。私たちは便利で快適な生活を目指してきたわけですが、それが、「活性酸素」を多量に生むことになったのです。

例えば、食品添加物や残留農薬が多く含まれている食品を摂ったり、濃度の高い塩素が入っている水道水を飲んだり、排気ガスやたばこの煙などの影響によっても、腸の中で活性酸素が発生してしまいます。また強いストレスにさらされたり、電化製品からの電磁波や外界からの放射能、紫外線の影響によっても発生します。

この「活性酸素」がセロトニンを作るのに大事な腸を攻撃しているのです。文明社会に住んでいる私たちは、「活性酸素」を消す「抗酸化力」のある食品を積極的にとる必要があるのです。抗酸化力のある食品はすべて植物性の食品です。植物の中に含まれている「フィトケミカル」という化合物に強力な抗酸化作用があるからです。

最近特に注目されているのが、オリーブオイルです。オリーブオイルには抗酸化成分であるポリフェノールやビタミンEが含まれ、他の植物油と比べて酸化されにくいオレイン酸が多く含まれています。

現在オリーブいオイルは世界各地で栽培されていますが、特に世界一の生産地であるスペインのアンダルシア地方のオリーブオイルは良質で人気が高く、世界中に広く流通しています。ただし、蒸気や溶剤などを利用して精製されたオリーブオイルでは抗酸化成分や有効成分が取り除かれてしまうので、低温圧縮のエキストラバージンオリーブオイルを利用するとよいでしょう。

オリーブオイルは、腸の働きをスムーズにして腸内環境を整える作用を持ち、同時に活性酸素による酸化や過酸化脂質の発生を防いでくれています。結果としてセロトニン分泌を助け、脳の働きを改善する効果も期待されています。