【重要】当ページにアクセスいただきありがとうございます。現在「いっぽ」はご予約・ご相談を受け付けておりません。ご了承ください。

起立性調節障害の克服にこの夏休みは大チャンス!

全国のほとんどの中学・高校が1学期の期末テストが終わったばかり、もしくは真っ只中かもしれません。これが終わると、3学期制の学校では1学期の成績、通知表を受け取り、いよいよ約40日の夏休み!

子どもたちは夏休みをただただ楽しみに・・・

親御さんは憂うつ?な気分になられている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

岡山市では中学校には今年度から全教室にエアコンが完備され、夏休みが例年よりも短くなるようですね。(中学校には入っても小学校は来年度?)

余計な話はいいとして・・・

お子さんが起立性調節障害で不登校の状況であれば、この夏休みが大チャンスかもしれません。

当然のことながら、夏休みとなれば登校の必要はありませんよね。

お子さんとしては、登校のプレッシャーから解放され、

親御さんとしても登校させなければというプレッシャーからも解放されますよね。

お互いに余計なプレッシャーがないこの時期こそ、今の症状にゆっくりと向き合う最高のチャンスだと思います。

ただ、登校する必要がないからといって、ただダラダラと毎日を過ごすというわけにはいかないですよね。

できるならば、2学期から、夏休み明けから登校するために(学期の切り替え時はチャンスでもありますから・・・)

ぜひ、気を付けてほしいことをまとめてみたいと思います。

1.朝はいつも通り?(登校ができる時間)に起床しましょう。

2.朝ご飯を食べましょう。

  ご飯と味噌汁は基本。発酵食品としての味噌は、万能のお薬です。

  私は、学生時代は、朝ご飯といえば、ご飯、味噌汁、納豆、卵でした(笑)

3.ご飯を食べたら、出来たら午前中に少しでも学習・もしくは少しの運動をしたいですね。

  でも、ねむたければ、寝てしまってもいいかなぁと思います。

4.お昼ご飯を食べてその後は、自由でいいと思います。

  ただ、午後の長い昼寝は夜に寝れなくなる可能性があるので、注意が必要ですよね。

とにかく、朝の起床時間を守りたいなぁと思います。

毎日同じ時間に起きる。最初は少し遅めだったとしても・・・

毎日少しずつ早めていければいいかなぁって思います。

さて、『いっぽ』では起立性調節障害に対してのご相談をお受けしています。

何か気になることがございましたら、何なりと下記よりお問い合わせください。

メールでのお問い合わせは無料ですので、お気軽にどうぞ。

また、夏休み中の午前中は通常は14:00~の開院を9:00~にしております。

神奈川県と、岡山県で合計24年間中学教員をしておりましたので、

学習のお世話もできればと思います。

小規模な塾感覚でのご利用もOKです。