【重要】当ページにアクセスいただきありがとうございます。現在「いっぽ」はご予約・ご相談を受け付けておりません。ご了承ください。

【手術しなくても済んだならば、しないほうがよかった】

最近、(っていっても5年以上前になりますが・・・)

右足の甲に冷えを感じます。

わたしは、30歳すぎてすぐに外科手術を経験しました。

なぜか・・・

右鼠径部にこぶができてしまっていて・・・

いわゆる脱腸(鼠経ヘルニア)です。

鼠経ヘルニアって小さい子がよく?なるものですよね。
(よく、というか、なる人は幼児が多い?)

当時は痛みも少しあったので、お医者さんの言うとおりに手術を受けました。

技術的には簡単な手術なんでしょうから、一晩病院のベッドで過ごし、翌日退院しました。

簡単な手術といっても麻酔が切れたら痛くて、夜は眠れませんでしたが・・・(笑)

まぁ術後30代は全然気になりませんでしたが、40歳を過ぎたあたりで、今までになかった感覚が・・・

冬になると、右足指先が異常にしびれることがあったのです。

そんな状態が続いていましたが、最近では、夏でも、右足の甲に冷えやしびれを感じるようになりました。

自分的には、これまでの人生で一度きりのあの外科手術が原因で、血行不良がおきているのかなぁって思っています。

やはりメスを入れると身体の組織は変化してしまいますよね?

鼠経ヘルニアを外科的治療を行わないで完治させる方法があるのか、ないのかわかりませんが、

出来たならば、手術を受けなくてもいい手段があったならば、受けたくなかったなぁと思います。

もうちょっと続く(まだまだか)人生で

この足の冷え、しびれとおさらばしたいなぁと感じている今日この頃・・・

どなたか「これで解決できる!」っていう方法をご存知の方がいらっしゃったら、教えてくださーい。

って、
そもそも整体師として自分で解決させろよー
っていう話かな・・・笑