【重要】当ページにアクセスいただきありがとうございます。現在「いっぽ」はご予約・ご相談を受け付けておりません。ご了承ください。

起立性調節障害の克服には夏休みが大チャンス

お子さんが起立性調節障害でお悩みならば、その克服にはこの夏休みこそ大チャンスです。

岡山もやっと梅雨明けですね。いいのか悪いのか、これからしばらくは猛暑が続きそうです。

ただいま、初診に限り3000円とさせていただいています。(8月末までのキャンペーンです!)

(2回目以降は通常通り、学生は4000円です)

さて、題にもあるように、起立性調節障害の克服にはこの夏休みが大チャンスだと思っています

それは、学校が通常の営業?(っていったら変ですかね)の時は、多かれ少なかれ、お子さんには学校を休んでいることへの不安、罪悪感?のようなものがあるような気がします。

私は長く中学教員をしていていましたので、不登校の子に対して、当然のように登校刺激をしていましたが、ここ数年は、「休んでも大丈夫」と思うようになっていました。まぁいろいろな理由がありますが・・・

話は戻りますが、夏休みって、休んでいたことへの不安や罪悪感からは、解放されますよね。また、勉強、友だち、etc・・・からも解放され少しは楽になっているはずです。

ひとまず安心感があるのではと思います。この安心感って大切です。

私は起立性調節障害って病気だとは思っていないですが、病院にいって、医師から「起立性調節障害ですね」といわれると少なからずショックを受ける子もいるかと思います。(実際、当院にお越しのお客様でも、ショックを受けて余計に落ち込んだ、とお聞きしたことがあります。)

起立性調節障害ってある日突然に症状があらわれるのではなく、今までの生活の中で少しずつ少しずつ(変化がわからないほどに)変化していき、ダウンしてしまいます。←これを突然に症状がでるというのかもしれませんが・・・

でも、お子さんの思考、さまざまなストレスや、生活習慣が大きく関係しています。(現代の病気といわれる症状はその多くが生活習慣、生き方・・・が関係しているといわれていますが・・・)

今までためてきてしまったもの、いやだと思っていたものを一度全部吐き出すには、夏休みという期間は最適だと思うのです。

教員の時の手法も用いながら心、気持ちの部分をゆるめていきたいと思います。

また、当院では、起立性調節障害始め、自律神経の乱れからくる症状には、筋肉疲労が大きく関わっていると思っています。

筋肉が硬直すると、全身の体液の循環が悪くなってしまいます。血液は心臓の拍動だけで全身を巡っているのではなく、筋肉の収縮によって良好な循環をしていきます。血液はじめ、体液の循環がうまく行わなければ、身体に老廃物がたまったままになり、さまざまな病気といわれる症状を引き起こします。

そこで、当院では、自律神経整体という整体法で全身の筋肉を弛めます。

決して痛みを感じることのない、優しい整体です。

整体で身体を、筋肉を本来の状態にし、ゆっくりとお話をして、今までの思いを全部吐き出してほしいと思います。

お子さんに気持ちの余裕が増えた今こそ、起立性調節障害を克服し、2学期(前期後半?)から新たなスタートをきってほしいと思います。

お気軽にご相談ください。

ご予約・ご相談はこちらから・・・