【重要】当ページにアクセスいただきありがとうございます。現在「いっぽ」はご予約・ご相談を受け付けておりません。ご了承ください。

子どもの可能性は無限大!

子どもの可能性は無限大ですよね。才能は遺伝だけではないと思っています(確かに要素は大きいと思いますが)。

「親の能力=子の能力」でも、「親の限界=子の限界」でもないと思います。

 もしかしたら、あなた自身に優れたスポーツの才能があったのに、それに気づかなかったり、うまく引き出すチャンスがなかっただけで、その才能は子どもにはしっかり受け継がれているかもしれません。

例として、父親が持つ優れた動体視力と、母親が持つ柔軟性が組み合わさることで、野球という競技で素晴らしい結果を残せる能力になるかもしれません。

今年メジャーリーグを引退した、イチロー選手の才能が遺伝であったなら、親もスター選手のはずですが、そうではありませんよね。

また逆に、国民的スターの子どもが同じように優れた才能を持っているとは限りません。プロ野球界にはさまざまな名選手の二世がプロ選手として登場しましたが、父親と同じくらいに活躍できた選手はなぜかあまりいないのが現実です。

つまり、親の遺伝子はしっかりと子どもに受け継がれますが、そこで才能の限界が決まるわけではありません。そこには無限の可能性が広がっているのです。

「自分の子どもだから、できるわけない」という発想はやめましょう。

子どもの才能をしっかりと見つけ、伸ばすことができるようにしたいですね。

子どもに夢を持たせ、実現に向かって突き進むことは、あなた自身の夢になるかもしれません。

子どもは、どんな才能をもってこの世に生まれてくるかわからないのです。

大人が子どもの夢をつぶさない。

環境のせいにしない。

我々大人が、誰もが理想の自分になれる、近づけるそんな社会を作っていかなければなりません。