【重要】当ページにアクセスいただきありがとうございます。現在「いっぽ」はご予約・ご相談を受け付けておりません。ご了承ください。

2学期のスタートに不登校や自殺が増加?

2学期(夏休み明け)には不登校や自殺者が増加?
というニュースをよく見かけるようになりました。

学校現場に長くいたものとしては確かにそうだよなぁと思うところはあります。

夏休みの過ごし方であまり外に出ない生活をしていた場合、人によっては学校のことを考えると憂うつになってしまうケースもあるかと思います。

夏休みの宿題がネックになってますますいやになってしまうケースもあるかと思います。

でも夏休み明けは逆にチャンスでもあると思います。

日本人は節目節目を大切にする人たちだと思います。
お正月、新学期、修(終)了式・・・

その節目には、お正月ならば、「今年こそは!」とか
新学期でも同じですね。「今年は○○を頑張る!」
学校では(学校でなくても)、節目節目に新たな目標を立てますからね。

今まで、不登校であったならば、新たなスタートを切るチャンスでもあります。

それは、大変なプレッシャーもあるかと思います。
大きな、高い壁がそびえたっているかもしれません。

でもほんのちょっとのきっかけで

今までのことがなんだったんだろう?っていうくらい
何もなかったかのように、再スタート切る子もいます。

そのチャンスを見逃さないでほしいと思います。 

子どもは(大人も)ほんのちょっとのきっかけで大きく化けます。

この2学期のスタートが多くの子どもたちにとって
最高(幸)のスタートになることを祈っています。

24年間、学校現場にいましたから、何かお役に立てることがあるかもしれません。
お気軽にご相談ください。