【重要】当ページにアクセスいただきありがとうございます。現在「いっぽ」はご予約・ご相談を受け付けておりません。ご了承ください。

ここぞという時に実力を発揮させるには・・・

【明日はMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)! 選手はプレッシャーMax?それともリラックス?】

今日は満月ですね。(昨日は中秋の名月)本当に朝晩は涼しくなり、秋って感じになってまいりました。

秋といえば・・・っていろいろありますが、スポーツの秋もありますよね。

てなわけで?で明日は1年後の東京オリンピックのマラソン代表を決める

MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)です。

今までの日本の陸連(日本陸上競技連盟)のマラソン代表の選手選考は3つくらいの大会の結果から総合して代表を決定するというものでした。世界選手権等で、入賞、メダルを取れば、内定ということもありましたが・・・

地形も違う、時間も違う、天気の条件も違うそれぞれの大会から選考するって、なかなか難しいこともあります。

過去には、タイムではAさんの方が上なのに、別大会で走って優勝した、BさんがタイムはAさんよりも1分以上も遅いのに代表に選ばれたこともあります。陸連の選考基準としては、今までの実績も重視して・・・というものもあります。

マラソンって、初マラソンで意外に記録を出してしまうこともあるんです。

でも、その人がオリンピック等でどうなったか。結果は惨敗だったことの方が多かったのです。

だから、陸連は、一発勝負で代表を決めるのではなく、いくつかの大会から総合して判断するようにしてきていました。

あっ、テレビ局の放送権料のこともあったようですが・・・

でも

前回のリオオリンピックで日本のマラソンが惨敗して、陸連が

選手強化に真剣に?取り組み始めたのです。

そんな中で生まれた選考方式が今回のMGCです。

一発勝負で代表を決める!

多少違うところもありますが、ここでは省略します。

一発選考の方がすっきりしますよね。

って私は思います。

ただ、選手の立場に立ってみると

もしかしたら、ここ一番にピークをあわせることは本当に難しいと思います。

本人のその時の体調、性格、メンタル面、バイオリズム?など

できる限り最高潮に持っていかなければならない。

明日走る選手の皆さんは今どんな気持ちなのでしょうね。

もう寝てるかな。

私自身も陸上競技をずっとしてきたので、少しは気持ちはわかります。(つもりです)

緊張して、ワクワクして寝れていない選手もいるかもですね。

さてさて、ここ一番で実力を発揮するにはメンタル面が大事といわれます。

昔から日本には心技体という言葉がありますが、

技、体の方は、誰もが鍛えますよね。しかし、心、の部分は意外と置き去りにされてきました。

最近はだいぶ認知されてきましたが・・・

技・体って、素質だとか、才能って言われてしまうかもしれませんが、(実際はそんなことないところもありますが)

メンタルってだれでも、トレーニングで持ち上げていくことができます。

さーて明日は誰が勝つのでしょうか。

楽しみ楽しみ・・・

これから巷で言われているメンタルトレーニングとか、整体ということについて私の考えを交えてどんどん発信していきます。

少しでもここぞという時に実力を発揮したい(させたい)とおもっている方々にとどけばいいなぁ