【重要】当ページにアクセスいただきありがとうございます。現在「いっぽ」はご予約・ご相談を受け付けておりません。ご了承ください。

すべての不調は自律神経が原因かも

生命活動のすべてを支えてくれている自律神経

病気になりやすい人となりにくい人、病気ではないけれど体調が悪い人といい人がいます。身体のあらゆる不調には、実は「自律神経」の乱れが関係しているかもしれません。

自律神経とは、身体中に張り巡らされている末梢神経の一つ。身体のライフラインである血流を支配することで、私たちの身体を構成する60兆個の細胞すべてを無意識のうちにコントロールして、生命活動を支えています。

アクセルとブレーキ

自律神経は「交感神経」と「副交感神経」に大別されます。

交感神経が身体を支配すると、血管が収縮して血圧が上昇し、アクティブな状態に。車に例えるとアクセルに当たります。副交感神経が身体を支配すると、血管が弛緩して血圧が下がり、リラックス状態に。車に例えるとブレーキに当たります。

身体がよい状態で機能するのは、交感神経も副交感神経も高い時です。車の運転ではアクセルとブレーキのバランスが大切であるように、交感神経と副交感神経のバランスが重要です。

自律神経の乱れは万病のもと

非常に繊細

生命維持活動をコントロールしている自律神経はとてもデリケートです。例えば、忙しい朝は寝坊しただけで焦って、心にゆとりがなくなります。すると、交感神経が優位になり、自律神経のバランスが乱れてしまいます。

また低気圧の時は、副交感神経だけでなく、交感神経の働きも低下しやすくなります。

自律神経が乱れる主な要因とは

ストレス

ストレスを受けると交感神経が優位になり、緊張・興奮モードに。夜に高まる副交感神経が優位になりにくくなってしまいます。

環境の変化

異動、転職、引っ越し、天候などで生活スタイルや人間関係が変わると、緊張したり、不安になったりで、自律神経がアンバランスに。

生活リズムの乱れ

夜更かし、朝寝坊といった、昼夜逆転生活をしていると、交感神経と副交感神経のスムーズな切り替えができなくなります。

加齢による低下

副交感神経は、10年に約15%ずつ低下するといわれています。男性は30歳を過ぎると、女性は40歳を過ぎると急降下するといわれています。

自律神経の乱れが招く不調とは?

免疫力低下や自律神経失調症に

自律神経のバランスが崩れると、身体の免疫力が低下し、病気にかかりやすくなります。

免疫の中心を担っているのは血液中の「白血球」です。白血球には、細菌などを処理する「顆粒球」とウイルスなどを処理する「リンパ球」がありますが、交感神経が優位になるとリンパ球が増えます。すなわち、自律神経のバランスが崩れると白血球のバランスが崩れ、免疫力が下がってしまうのです。

慢性的に自律神経が乱れ、交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいかない人は、倦怠感や吐き気、肩こり、食食不振、不眠などの心身不調が続くようになります。いわゆる「自律神経失調症」いわれる症状です。

自律神経を整えて、心も身体も絶好調!

24時間充実した毎日に

自律神経が整うと、免疫力が高くなり、病気になりにくい身体に。さらに、交感神経が血管を収縮させ、副交感神経が血管を弛緩させるといったことが交互に起こるので、血流もスムーズになります。その結果、免疫系と血管系が整い、病気になりにくくなります。肩こりや倦怠感など、原因不明の不調やストレスも緩和されます。

免疫力アップ

免疫とは、細菌やウイルスから身体を守ってくれるシステムです。自律神経が乱れると、血液中の白血球が働かなくなり、免疫力が低下します。がんにもなりやすくなります。自律神経が整えば、免疫力がアップし、風邪なども引きにくい身体になります。

疲労感がすっきり

副交感神経が低下すると、血管が収縮して血流が悪くなり、細胞機能が低下します。疲れやすくなり、判断力も鈍ります。副交感神経を高めると、脳や筋肉に血液が十分に届き、心も身体も元気に。新しいことに挑戦する意欲もわいてきます。

ストレスの緩和

ストレスの原因を把握して、少しでも解消をすると同時に、副交感神経の働きをアップして、リラックスのスイッチを入れましょう。

不定愁訴の改善

男声は30代過ぎ、女性は40代過ぎに、副交感神経のレベルが下がり、原因不明のめまい、頭痛、動悸などに悩まされることがあります。副交感神経を高めることで、症状が改善されます。

冷え性改善

いつも手足が冷たい人は、副交感神経の働きを上げると、血管が適度に緩むことで、血行がよくなり、冷え性が改善されます。

質のよい睡眠

交感神経が高い状態が続くと、身体は常にアクティブな状態になり、ゆっくりと身体を休ませることができません。副交感神経を高めることで、身体がリラックスモードになり、質のよい睡眠が得られるようになります。

便秘や肥満の解消

胃腸の働きも自律神経がつかさどっているので、自律神経が整えば、腸内環境がよくなります。便秘はもちろん、肥満や肌荒れも解消します。