【重要】当ページにアクセスいただきありがとうございます。現在「いっぽ」はご予約・ご相談を受け付けておりません。ご了承ください。

受験期の自律神経の整え方

いよいよ受験シーズンかと思います。小学6年生、中学3年生、高校3年生と来春の進路に向けて一生懸命勉強していると思います。

実は息子も中学3年生で、毎晩遅くまで勉強しています。

悩んだ末に選択した進路先だと思うので、ぜひ、合格を勝ち取ってほしいと思っています。

志望している学校に合格するために、必死で受験勉強していると思います。勉強が好きだという人であれば別なのですが、多くの人は受験シーズンにはストレスを抱えながら勉強している人が多いでしょう。
「受験が終わるまでの辛抱」
そう考えながら今日も机の前に向かっている人も少なくないはずです。
でも我慢や辛抱が大きすぎると、ストレスとなってしまって体調を崩してしまうきっかけとなってしまいます。体調を崩してしまうと成績にも影響してしまいます。
ここでは受験生のストレスについて詳しくお伝えしていきます。

受験勉強がストレスに!? こんな症状はありませんか。

頑張って勉強しているみたいだけど、日に日にイライラがつのっているみたい。

ちょっとしたことでイライラしてこちらにも暴言を吐いてくる。

このイライラした状態が、日常的だと、相当ストレスが溜まっている証拠です。

しかし、ストレスは悪いものではありません。

そのストレスが、目標を達成させるためのエネルギーになっているのであれば、非常に有効です。自己成長につなげていくことができます。

しかしそのストレスが大きくなりすぎてしまうと、
「本当に合格できるのだろうか」
「自分には合格は無理だ」
と自分を追い込んでしまい、苦しくなってしまいます。
このようにストレスが大きい状況が続いてしまうと、頭痛や腹痛といった体に対して影響が出てくることがありますし、勉強が手につかないほどイライラしてしまうことや誰かに対して強く怒り出してしまうこともあるのです。

受験時に次のような症状が現れ出した時には、体調を崩さないように注意することが必要です。

1. 頭痛が治らない

2. 食欲がわかない

3. お腹が痛くなる

4. 勉強に集中することができなくなった

5. 眠っても体の疲れが取れない

6. 眠れなかったり、目覚ましをかけていない時間に起きてしまう

7. 受験に対する意欲が下がってしまった

この7つの項目に当てはまるものがいくつもあるような場合であれば、受験に対するストレスがとても大きくなっていると言えます。
これらの症状が続いてしまうと、受験に対しても影響を及ぼしてしまうことになりますので、さらにストレスが大きくならないように発散していくことが大事です。

先ほどの章で7つの項目に一つでも当てはまるという人であれば、うまく受験期間を乗り越えるためにストレスを発散できるようにしましょう。
受験期間においては、常に受験を意識して緊張状態にありますから、少しでも気分転換してリラックスできる時間を多く取ることが有効です。
緊張状態が続いている時には、自律神経の交感神経が優位になっています。リラックスしている時には副交感神経が優位となって、脳が落ち着いて体の疲れも取ることができます。
この自律神経の働きは、日常生活のオンとオフの切り替えのためにとても重要な働きになりますが、自分自身でコントロールすることができません。そのため受験勉強から離れている時間には、意識的にリラックスするようにすることで、副交感神経を優位に働かせることができるようになるのです。

副交感神経を優位に働かせるための方法には次のようなものがあります。意識的にリラックスする時間を楽しむようにしてみましょう。
このような時間を取ることで、受験勉強も効率よく進めることができるようになります。

1. 勉強の後はゆっくりとお風呂に浸かる

2. 時間を見つけて適度な運動を行う

3. 外出するようにして気分転換をはかる

4. 規則正しい生活を心がけて太陽の光を浴びるようにする

5. 栄養バランスの良い食事で美味しく食べるように心がける

緊張状態では、身体の筋肉が硬くなってしまいます!

緊張状態では、全身の筋肉が固くなってしまいます。

固くなってしまっていると、血液の循環はもちろん、体液の循環が悪くなってしまいます。

そのままでいると身体にたまった老廃物が流されず、身体のあちこちに不調をおこしてしまいかねません。

リラックス方法をいろいろ試してみたけれど、なかなか効果が上がらない。

そんな時にはぜひ、当院にご相談ください。

当院は自律神経の不調専門の整体院です。

心身の緊張(筋肉の過緊張)が自律神経のバランスを乱してしまう大きな原因になります。

当院の施術はそのようなケースに大きな効果を期待できます。

全身に優しく触れ、そっと触れ、全身の緊張をとっていき、身体をリラックスさせることができます。

当院の自律神経整体

お子さんの受験の成功のために、お気軽にご相談ください。