【重要】当ページにアクセスいただきありがとうございます。現在「いっぽ」はご予約・ご相談を受け付けておりません。ご了承ください。

自律神経が乱れやすい季節は・・・

24時間私たちの意識とは関係なく、働いてくれている自律神経。

主に昼間(活動時)に働く交感神経。

主に夜間(休息時)に働く副交感神経。

このバランスが乱れると身体にさまざまな不調があらわれます。

さて、その自律神経が乱れやすい季節はいつでしょうか。

その季節とは「冬」です。

なぜ「冬」なのでしょうか。

その理由は、室内と室外の温度差です。

夏も冬もエアコンを使うと思いますが(冬はストーブかもしれませんが)

夏は、外気温が30℃であった時、エアコンの設定を26℃にしても

外気温との差は4℃。(最近は35℃を超えるときもあるでしょうが)

一方冬は外気温が一けたの場合、エアコンを25℃設定にした場合、外気温の差は10℃以上になってしまいます。

この気温差が身体に影響を与え、自律神経が乱れてしまう原因になるのです。

寒さに負けてついつい温度を高めに設定してしまうかもしれませんが、

それはナンセンス。

かといって、室内でも厚着をしすぎると

いつでもどこでも鎧を羽織っているのと同じになってしまうので

身体が緊張しやすくなります。=「緊張する」というのは、交感神経が優位になってしまって、筋肉の過緊張をもたらします。

何事も適度がいいですね。

そもそも、薄着でも身体の中から、暖かさを感じられるようにしていきたいですね。

食べ物に気を付けるのと、適度な運動で、筋力の低下を防ぐことが一番かと思います。