【重要】当ページにアクセスいただきありがとうございます。現在「いっぽ」はご予約・ご相談を受け付けておりません。ご了承ください。

現代医学(西洋医療)と自然医学の違い

現代医学は症状を抑えようとします。
自然医学は、症状を免疫力の発揮とみます。

この大きな違い!

子供が夜中に咳をしたとします。

その現象を現代医学では、咳を悪いこととみなします。
患者を見ていても辛いから、親も悪いこととみなします。

それで咳を抑えようとします。

自然医学は、体内に出したい毒があるとみなします。

夜中に咳が出るのは、身体が休まって、免疫細胞が修復活動をする時間だから。

夜は基本は治す時間です。

自然治癒力が高まるのです。

自然医学なら、その子供の体内の毒出しを考えます。
毒が何なのかを推定します。
その家族のライフスタイルに隠れています。

現代医学は、病気の根本にアプローチはしません。
顧客が望む、咳止め、痛み止めで終わります。

それを繰り返します。

繰り返すばかりではなく
抗生物質などで腸内フローラや肝臓の解毒システムを崩壊させるので
病気はさらに重く深く広がっていきます。

経済が政治を乗っ取ってしまったので、
ヒポクラテスの医学は本領を発揮できません。

悲劇と喜劇が
毎日病院で繰り返されています。

一度できた社会通念は、簡単には崩壊しません。

まともな医学が再興しないといけませんね。