【重要】当ページにアクセスいただきありがとうございます。現在「いっぽ」はご予約・ご相談を受け付けておりません。ご了承ください。

不登校のこと~学校とのつなぎ役になれたら・・・~

岡山でお子さんの不登校のことでお悩みならば、ぜひご相談ください。

岡山 自律神経の不調専門整体院の『いっぽ』です。

不登校となると、悩まれることの一つに学校との関わり方があると思います。

それに関して、気になったブログを見つけたのでぜひお読みください。

不登校のことで先生との付き合い方がわからなくなったあなたへ

こんなこと予想してなかった。自分の子が不登校になってしまうなんて・・・

(勘違いしていただきたくないのは、私は、不登校という選択を悪いとは思っていません。)

本当は学校に行きたいのに、身体がなぜが拒否反応(朝起きると頭痛や腹痛)をおこしてしまうことはありえます。

そのような状況で、保護者としては、焦って、子どもにあれやこれや原因を聞かれる方もしらっしゃるのではないでしょうか。

その質問に対して、すぐに答えてくれないばかりか、お子さんはますます心を閉ざしてしまった。

親として途方に暮れてしまうこともあるかと思います。

そして、次に学校との関係です。

親としてどうしていいかわからなくなっている時の学校側の対応で救われることもあれば、逆に学校に対する不信感を持たれてしまった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

冒頭のブログ記事内にもありましたが

教員により、対応に差があるのは事実だと思います。(人間ですし、お子さんも個性をもった人間ですから)

理想は(というか、教職課程を経てきているので)個々に応じた適切な対応ができなければいけないと思います。

でもそうでないのも現実。

でも、学校の先生たちが、不登校のお子さんに対して、心を痛めているのは事実です。(そう信じています)

ある時の学校側との会話に違和感を感じたけれど

その時は何も言えず・・・

それがいつの間にか大きな溝になってしまい、

親として学校に大きな不信感を抱いてしまい、

学校との関係を閉ざしてしまう。

とても残念なことです。

最初はほんの少しの掛け違いだったはずです。

最初の段階でもう少し、学校と話し合いができていたら・・・

お子さんの不登校がすぐに解消されなかったとしても

学校との関係は良好であってほしいと思います。

お子さんが不登校になってしまったことで親として引け目を感じ、

想いがあってもそれをなかなか学校に伝えられないでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

気持ちをどんどん溜め込んでしまい

八方ふさがりに・・・

もしも、上記のようなことが当てはまるのであれば

ぜひ、一度お話しをお聞かせください。

ほんの少しかもしれませんが

お役に立てればと思います。

整体院におこしいただいても結構ですし、

下記メールフォームからでも構いません。(メールでの相談は無料です)