耳鳴り

耳鳴りに悩む人が増えています。耳鳴りを経験したことのある人は人口の10~15%にのぼるといわれているようです。

耳鳴りって・・・?

耳鳴りの聞こえ方は人によって違います。しかし多くの耳鳴りは、

・実際に音が鳴っていないのに音を感じる
・就寝前など静かな環境下で大きく聞こえる
・環境にかかわらず、ずっと耳の中で音がしている

このような症状があります。ずっと音を感じているわけですから非常に不快なものであるにもかかわらず、周囲の人に聞こえず自分だけで感じることから、辛さを理解してもらいにくいという面もあります。

耳鳴りの種類には・・・

耳鳴りというのは大きく分けて2つあります。1つは「自覚的耳鳴(じかくてきじめい」です。

自分のみ自覚できる耳鳴りを、自覚的耳鳴りと言います。一般的に世間で発症しているほとんどの耳鳴りが、自覚的耳鳴りです。「キーン」「ジー」という音が特徴です。自覚的耳鳴りが発症する原因は、解明されていません。

もう一つは「他覚的耳鳴(たかくてきじめい)」といい、実際に聴診器などを当てると自分以外の人にも音が聞こえる(実際に音がしている)ものを指します。

他覚的耳鳴りは、本人以外でも聴診器などで聞くことができるようです。他覚的耳鳴りが発症する原因は、次の通りとなります。

・耳の周りにある筋肉の痙攣
・動脈瘤
・血管腫瘍、など

他覚的耳鳴りは、中耳や耳の近くにできた血管の異常が原因です。一般的に「コツコツ」「ドクドク」というような音が特徴。症状として、拍動音(心臓の音)が聞こえるなどがあります。他覚的耳鳴りは、血管の異常などが原因ですので、病院での処置が必要になるようです。

耳鳴りが起きる場合、その原因によって耳鳴りの症状は異なります。また、場合によってはそれ以外の諸症状があらわれることもあります。

● 耳鳴りの症状と原因

耳鳴りが片耳から聞こえる突発性難聴、メニエール病、聴神経腫瘍など
耳鳴りが両耳から聞こえる老人性難聴、騒音性難聴など
ザーという低音の耳鳴りが聞こえる耳垢栓塞(じこうせんそく)、耳管狭窄(じかんきょうさく)、耳硬化症(じこうかしょう)など
キ-ンという金属音の耳鳴りが聞こえるメニエール病、突発性難聴、ストレスなど

● 耳鳴り以外の諸症状

耳が遠くなる突発性難聴、老人性難聴、耳垢栓塞、耳管狭窄、耳硬化症、メニエール病、薬の副作用など
めまいがするメニエール病、内耳や脳の血行障害、脳腫瘍、脳卒中や頭部外傷の後遺症など
自分の声が響く耳管狭窄、中耳炎など
全身に不快感がある自律神経失調症、更年期障害、ストレスなど
頭痛・肩こり・動悸高血圧、低血圧、貧血など

参考までに以前FBで見つけたものも紹介します。

危険な耳鳴り
一方、心臓の鼓動に合わせてドクッドク、ザッザッザ、ガンガン、またはザーザーなど流れるような音は血管性の耳鳴りと考えられます。急激に血圧が上がってしまう高血圧症、甲状腺機能亢進症などが疑われるので早めに病院を受診しましょう。

血管性の耳鳴りの中でも、吐き気やしびれ、ふらつきを伴なう場合はより深刻です。緊急性の高い突発性難聴のほか、脳梗塞や脳腫瘍など重篤な病気であることも考えられます。耳鼻科だけでなく、できれば総合病院のような設備の整った病院で早急に診察を受けることをおすすめします。

耳鳴りは症状であり、病気ではありません

耳鳴りが生活にどの程度影響するかは、耳鳴りの音量、頻度、継続時間、個人的な感じ方など、様々な要因により異なります。耳鳴りそのものは、痛みと同様にひとつの「症状」です。原因を治療することが必要な「病気」とは異なり、耳鳴りは、ひとつの状態として処置することしかできない場合がほとんどです。

また、耳鳴りは病気の一端となる可能性もあります。耳鳴りが酷いと、睡眠障害や恐怖感、ふさぎこみの原因となる場合があります。