自律神経失調症

1.自律神経が乱れる原因とは?
ストレスや生活習慣の乱れに要注意

気候が大きく変化する季節の変わり目は、ストレスや疲れが溜まりやすくなる方が少なくありません。こういった不調の原因は、自律神経の乱れが原因かもしれません。自律神経とはどういうものなのか、そしてどのような原因で自律神経は乱れてしまうのでしょうか。

自律神経とは?自律神経とは、体内でどのような機能を担っているのでしょうか。自律神経のメカニズムと、おもな役割ってどのようになっているのでしょう

2.そもそも神経って?

体内において、各組織と脳をつなぐ役割を担っているのが神経です。体内ではネットワークのように神経が広がっており、体を正常に保つために、神経を通してさまざまな指令や情報が行き来しています。

人の神経は、脳や脊髄にある「中枢神経」と、全身にある「末梢神経」に大きく分けることができます。さらに末梢神経は「体性神経」と「自律神経」に分けられます。この自律神経は、さまざまな内臓器官に関わる重要な神経で、心臓や肺、胃腸、肝臓、膀胱、唾液腺、内分泌腺、汗腺、瞳孔、血管などにあります。「今から胃腸の働きを活発にしよう」と思ってもそうはできないように、自律神経は意図的にコントロールすることはできません。

一方、同じく末梢神経である体性神経は、おもに運動機能に関わる神経で、私たちが自在に手足をコントロールできるように、意図的にコントロールできる神経です。

3.自律神経は、交感神経と副交感神経のバランスが大切

自律神経は「交感神経」と「副交感神経」の2つに分けられ、この2つの神経がバランスをとりながら働いています。体の部位や体内外の状況に応じて、アクセルとブレーキのような役割を果たしているのです。自律神経を乱れさせないためには、このバランスを崩さないことが重要といえます。

3-1.自律神経の役割

交感神経と副交感神経は、それぞれが活発になることで内臓器官の働きを調節しています。例えば、交感神経が活発になると心臓の心拍数は増えますが、胃腸の働きは抑制されます。逆に副交感神経が活発になると、心拍数は減り、胃腸の働きは活発になります。

<交感神経が活発になると…>

  • ●脳の血管は収縮する
  • ●瞳孔が開く
  • ●心拍数が増える
  • ●胃腸の働きを抑制する
  • ●膀胱が弛緩する
  • ●汗が出る

<副交感神経が活発になると…>

  • ●脳の血管が拡張する
  • ●瞳孔が閉じる
  • ●心拍数が減る
  • ●胃腸の働きが活発になる
  • ●膀胱が収縮する

以上のことから、活発に動くときや、緊張状態にあるときは交感神経が、休養時やリラックス状態にあるときは副交感神経がそれぞれ活発になっていることがわかると思います。交感神経と副交感神経が互いに協調することで、内臓器官の働きのバランスが保たれているのです。

しかし、汗腺や血管のほとんどを支配するのは交感神経という特徴があります。そのため、体温調節と血圧コントロールは、交感神経の働きに委ねられています。

3-2.自律神経はどうして乱れる?

心身の不調と密接な関連があるという自律神経の乱れ。どのようなことが原因となって、自律神経のバランスは乱れてしまうのでしょう。

3-2-1ストレス

ストレスを感じることで、体内では交感神経がコントロールする副腎皮質から「副腎皮質ホルモン」が分泌され、同時に副腎皮質の中ではアドレナリンなどが分泌されます。副腎皮質ホルモンやアドレナリンには、血糖値上昇や血圧上昇、免疫抑制、胃酸分泌促進、覚醒などを引き起こす作用があり、交感神経を優位にする働きがあるのです。

ストレスを受け続けると交感神経が優位になり続けてしまうため、副交感神経とのバランスも崩れてしまいます。その結果、心身の不調を引き起こしやすくしてしまうのです。

人がストレスを感じる環境はさまざまで、人間関係や仕事のプレッシャー、緊張といったものだけでなく、過労やケガ、温度、音、光などが原因のストレスも、自律神経の乱れを引き起こしやすくします。何に対してストレスを感じるのかは個人差があるため、日頃から自分がストレスを感じやすいことを把握し、なるべくリラックスできる環境で生活することが大切です。

3-2-2.不規則な生活習慣

私たちの体は、規則的な生体リズムのもと、さまざまな器官がその役割を果たしています。しかし、慢性的な睡眠不足や栄養バランスの偏った食生活、昼夜逆転の生活といった不規則な生活習慣を送り続けてしまうと生体リズムが狂い、自律神経のバランスも乱れてしまいます。ストレスを軽減させるためにも、規則的な生活を送ることが大切です。

3-2-3.心身の疾患

ストレスや生活習慣だけでなく、心身の疾患が原因となって自律神経のバランスを乱してしまうこともあります。

3-2-4.筋肉の過緊張

自律神経の乱れの原因で意外と知られていないのが、「筋肉の過緊張」です。
「過緊張=過剰な緊張」とは、自分では力を抜いているつもりでも、無意識に力み続けてしまっている状態です。

筋肉は本来であれば、活動するときにはギュッと緊張し、休むときにはフワ―っと弛む(ゆるむ)という習性があります。

わたしたちは特に意識はしていませんが、実は全身の筋肉はそのときの状態に応じて、緊張と弛緩(しかん)を絶妙に調整しています。

過緊張を別の表現で例えてみると・・・

「体を締め付ける服をずーっと着て、締め付けているもの」と表現したらどうでしょう。

24時間ずっとその状態だとどうでしょう。気の休まる、リラックスすることができないですよね。

過緊張とはそのような状態だとご理解ください。

ではなぜ過緊張が自律神経に影響を及ぼすのか・・・

筋肉は第二の心臓ともいわれます。心臓とは全身にきれいな血液を送り出し、そに血液が全身をめぐり、また心臓に戻ってきますよね。

しかし、心臓の拍動だけでは十分に老廃物を含んだ血液は戻ってきません。

そこには筋肉の収縮が関わっています。筋肉が緊張していて自在に動けないでいるとしたらどうでしょう。きっと想像がつくと思います。体の中に老廃物がどんどんたまっていってしまうだろうことは想像つきますよね。

締め付けれらた服を着ていたら・・・

不自然なほど過剰に緊張してしまっている筋肉が、神経や血管、内臓などを圧迫してしまうからです。

当院では経験上、このような圧迫こそが、自律神経の不調を引き起こす原因だと考えています。

過剰な精神的・身体的ストレスが原因となって発症する自律神経失調症は、元々乱れがちだった自律神経がさらに乱れてしまう、という悪循環に陥ってしまう疾患。
また、更年期障害は、女性ホルモンの分泌が急激に減少し、自律神経が乱れてしまう疾患です。症状としては突然のほてりやのぼせ、めまいや頭痛などの不調が挙げられます。

4.当院での対応

当院では自律神経の乱れに対して次のような対応いたします

4-1.筋肉の過緊張からの解放

当院の自律神経整体によって、全身の骨格筋を弛めます。弛めるとは単に柔らかくするという意味ではなく、筋肉が自在に動ける状態にするということです。

※当院の自律神経整体は痛いことは一切しません。

体にそっと触れ、優しく揺らし、すこし引っ張るという施術です。(女性でもお子さんでも安心して受けていただけます。)

この施術により、前述のように、体液の循環がよくなり、体が自然によくなっていこうとします。=自然治癒力

ただこれだけでは不十分です。では何をするのか・・

4-2.過緊張の本当の原因を探る。解決させる。

過緊張を取るだけでは不十分と書きました。過緊張を取り除くことで確かに体はよくなろうと変化していきますが、体の、筋肉の過緊張を生んだ原因を解消しなければ、本当の解決とはいえません。ですので、整体施術と共に、カウンセリングを重視し、その原因を解消していきます。

ご予約・ご相談はこちら・・・

自律神経の不調でお悩みならば、ぜひ、一度ご相談ください。相談だけでも結構です。

何かお悩みがございましたら、下記フォームよりお願いします。(メールでの相談は無料です)